注目のWiMAXは使用する帯域が2.5GHz帯なのですが、建物の中には弱く

注目のWiMAXは使用する帯域が2.5GHz帯なのですが、建物の中には弱く

注目のWiMAXは使用する帯域が2.5GHz帯なのですが、建物の中には弱く、部屋の中だと窓際以外はまるで接続できないという地域も実は意外と多くて、お使いいただく環境によってはうまくいきません。
普通インターネット回線は5M程度出れば動画もカクカクせずに再生することが可能だし、速度が7〜8Mを超える速さが出たら実感としては速度の差は全く感じることはありません。
実はWiMAXは、障害となる遮蔽物とかノイズに弱いというデメリットを持っています。コンクリート製の建物の中にいるときや、地下にいるときなどは、電波が影響を受けてしまって届かず通信スピードがすごく落ちるのです。
家の中にパソコンは1台しかないのであれば通信に使っているモデムから直接LANをPCに繋ぐだけで完了なんですが、2台以上ある家や事務所などであれば、ハブで必要数分岐させなければ接続できません。
もし今は有線ネットワークの契約であり、そしてある程度高速なものを使っているのなら話題のWiMAXに乗り換えると絶対に今と比べて1/5〜1/10程度には遅くなって当たり前だと思った方がいいのです。


高速で使いやすいWiMAXが現れてから、モバイル回線によるネット接続でもネットを使うのに文句のない通信能力が使えるようにまでなりました。普通の場合は数メガを下回る通信スピード。
ということでWi-Fiによってしか接続できない端末の場合も、便利な光ポータブルも同時に持ち出せば、携帯の電波(3G回線)が届いているエリアだったら、どこだってネット接続がスムーズに可能になるのです。
WiMaxについては通信業者であるUQコミュニケーションズの設備を借用してネット接続しているのだから、どこに申し込んだとしても理屈からいってもスピードは変わらないものなのです。だけど通信のスピードは周りの状況にとても左右されるものなのです。
最近、利用者急増中のWiMAXで利用されている電波というのは実は電波発信している基地局から長い距離は飛びませんし、基地局近辺ても部屋の中に入ると電波の受信状態が悪くなって、さらに時間帯によっても回線の速度がかなり変動することもあるのです。
近頃のスマホや携帯っていうのはご存知のとおりさらに大画面化しているわけですから、画面のバックライトをONにしつづけると当然消耗はものすごく早くなるので普段から画面のバックライトを切ることではっきりとバッテリーが長持ちします。


通信機能を持つゲーム機のPS3は当然無線接続もできる仕様ですが、WiMAX用のルーターの中には付いているクレードルに有線LANを接続することができるタイプも売られているので現段階でほかの機器に接続されているLANケーブルを取り替えていただければ問題ありません。
WM3800Rなら、最初に一度うまく接続すれば利用中のスマホが3G接続に落ちてしまう状況でも、4Mbps程度のままで通信を続けられるなど話題の新技術「WiMAXハイパワー」の実力を実際に感じていただくことが可能です。
高速接続の代表、光回線は、固定電話のそれとは違って、固定回線ですが、モバイル回線よりも月々の費用が高額になるものなので、料金を一本化すれば相当の額の毎月の通信にかかる費用を安く抑えることが可能なんです。
いまどきは携帯とかスマホの電波を使うことでインターネットに常時接続する人が増えてきたので、現在主流の定額制を変更した方がいいのではないかという動きになりつつあるのです。すでにアメリカでは、従量制に変えたケースもあるということです。
残念ですがフレッツ光と比べれば、最近話題のWiMAXは断然通信速度が遅いものなのです。広告などで目にする理論最大値である40Mbps(下り最大)なんて現実には不可能です。まあ12Mbps位であれば良い方なのです。